【超定番】現役Webライターがおすすめする必須ツール6選「もう手放せません」

【超定番】現役Webライターがおすすめする必須ツール6選「もう手放せません」

「Webライターにおすすめのツールが知りたい・・・」

「便利なツールがあれば使ってみたい、または探してる・・・」

このような悩みを解消します。

本記事の内容
  • Webライターが毎日使うツールを紹介
  • ツールを使うことで収入アップが可能

下にタップできる目次を用意しています。

Writer ⇒ 高橋大佐
高橋大佐アイコン

Webライター

経歴

Webライター歴 1年

主な文字単価 1.0円~2.0円

最高月収 20万円

キャッチコピー

会社員・既婚・子持ちでも月10万は稼げる

コメント

このサイトでは「ノースキル」の方を対象に、文章の書き方やWebライターとして役立つことを紹介しています。

文章に自信がない・・・
自分の文章が心配・・・
恥ずかしい思いをしたくない・・・
自分だけでチェックできるツールがあれば・・・

こんな風に思っている人は多いのではないでしょ?

私もWebライターとして活動するまでは、文章を書いたことなどほとんどなく、未経験からスタートしました。

初心者が思うことは自分自身も体験してきたことなので、よくわかります。

安心してください。この記事に紹介するツールを使うことで、Webライターとして活動することは余裕で可能です。

高橋大佐

Webライターは信頼で成り立っているので、整った文章は収入アップにもつながりますよ♪ぜひ活用してほしいです!

SWELL公式サイトへ
< 当サイト使用WPテーマ >
タップできる目次

Webライターにおすすめなツールを目的別に「6つ紹介」

まず、Webライターに便利なツールを紹介していきます。全部で6つあります。

Webライターとして活動するなら、”すべて”必須レベルの便利ツールだと思います。

私も毎日使いますし、もはやないと不安なレベルの仕事っぷりをしてくれます。

高橋大佐

なにがすごいって全て無料なんです・・

  1. 文章校正「Word」
  2. コピペチェック「≫こぴらん
  3. 文章の難易度チェック「≫帯3
  4. SEOライティングツール「≫共起語検索
  5. SEOライティングツール「≫ラッコキーワード
  6. SEOライティングツール「≫見出し抽出ツール

では、それぞれの使う目的をかんたんに紹介しておこうと思います。

文章校正ツールの目的

Webライターは依頼された、または応募した記事を完成後にクライアントに納品します。

この完成した納品物を客観的に”正しく書かれているか”チェックしてくれるツールになります。

つまり、誤字脱字や文法的におかしくないか、数秒で確認してくれる便利なツールなのです。

「自分ですればよくない?」

こんな意見もありそうですが、書いた本人はなかなか間違いを見つけることが難しいんです。書いた直後は特に見つけることがむずかしいでしょう。

もし、自分でやりたいという人は「推敲」という作業もありますので、あわせてチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

推敲とは、時間をあけて正しい文章になっているか、伝わりやすい文章になっているか、などを自分が第三者になったつもりでチェックする工程を指します

高橋大佐

ただ基本的には、チェックツールを使用してしまった方がラクですし、できる限り記事執筆の時間を確保する方に回ったほうがいいと思います。

コピペチェックツールの目的

コピペとは、コピー&ペーストの略で「ある文章をコピーして貼り付ける」ということを指します

高橋大佐

よく、コピペ率といわれますね!

Webライターとして、このコピペ率は避けては通れない問題の一つです。

たとえば、記事を書く際に、参考にするサイトや記事が出てくると思います。このとき、参考にするのはいいですが文章をそのまま引用(コピー)したりしてしまうと、同じ文章がネットに2つ以上存在することになってしまいます。

このまま、コピペチェックツールにかけると、コピペ率として高い数値が表示されてしまうわけです。

では、なぜこれがいけないのか。理由は大きく分けて2つあります。

  • コピペは犯罪だから
  • コピペ率が高いと、納品してもOKをもらえないから

そもそもコピペ自体が著作権違法にあたってしまいます。仮にパクッてしまった人から訴えられた場合、ほぼ負けが確定します。絶対にやめましょう。

もう一つは、せっかく書いた記事がクライアントにOKがもらえず、報酬がもらえないということ。当たり前ですが、クライアントは依頼した(あなた)の記事を利用します。ということは、コピペ率が高いと誰かに訴えられる可能性があるわけですよね。そんな危険を負いたいと思う人はいませんよね。

コピペは絶対にやめましょう。ツールを使えば必ず回避できます。

文章の難易度チェックツールの目的

WEBの文章はとにかく「読みやすく・理解しやすい」という点を意識します。

一般的に読みやすい文章は「中学生レベル」といわれており、このラインを目指すと相手にも伝わりやすい文章になるはずです。

理由は、文字数が関係しています。

小学生は一文が短すぎて単調、大学生以上になると文字数が多くなり、読みにくいと感じてしまう人が多数。

間をとって中学生ということです。

ツール自体は自動でチェックしてくれますが、あらかじめ書く時に注意しておくといい点は、漢字とひらがなのバランスです。

「漢字7割」:「ひらがな3割」

この割合を意識すると、書いた後チェックするだけで中学3年生レベルに近づきます。

高橋大佐

とはいえ、あまり気にし過ぎても書けなくなってしまうため、最初はひたすら書いてみることをおすすめします♪

SEOライティングツールの目的

Webライターの扱う案件には、SEOを意識したものがたくさんあります。

これからはますます需要が増えると思っています。

SEO(検索エンジン最適化)とは、Googleなどの検索エンジンで検索結果の上位表示を目指すことを指します

つまり、書いた記事をGoogleで検索したとき、検索結果の1ページ目もしくは、1位(一番上)に表示させることをいいます。

高橋大佐

しかし、これが本当にむずかしい・・・ライター・ブロガーが必死に毎日争っている戦場といえるでしょう。

この激戦区に皆、平等に勝負しています。

少しでもSEOライティングのコツが知りたいという人は以下を参考にください。

≫【実はかんたん?】Webライターの書き方のコツ「真似するだけでOK」

今回はSEOを意識したライティングのために、便利なツールを3つ紹介していきます。

高橋大佐

すべてが便利を超えた必須のツールになっているので要チェックです!

それでは、具体的に便利ツールをそれぞれ紹介していきます。かんたんな使い方も添えて解説していますので、読みながらブックマークしていつでも使えるようにしておきましょう。

文章を校正する便利ツール「Word」

文章を校正する便利ツール「Word」

文章を校正するツール→Word(ワード)

Microsoftでお馴染みのWordが最も使いやすく、クセがありません。

基本的にはWindowsユーザーであれば、元からパソコンに入っている人も多いと思います。

入ってなかったという人は≫日本語の文章校正をサポートで代用が可能です。

【使い方】

  1. Word(ワード)を開き、「校閲」をクリック
  2. 「スペルチェックと文章校正」をクリック
  3. 修正箇所が次々に表示されるので、順番に修正していく

内容を確認しながら、原文を修正していけばOKです

文章を校正する便利ツール「Word」
高橋大佐

誤字脱字は赤い波線、文法の間違いは青い線で表示されます。パッと見でわかりやすいのが使いやすさの理由です。

コピペチェックする便利ツール「こぴらん」

コピペチェックする便利ツール「こぴらん」
https://copyrun.net/

無料のコピペチェックツールは他にもありますが、シンプルで使いやすいこぴらんをおすすめします。

コピペチェックする便利ツール「こぴらん」

空欄ボックスにチェックしたい文章を「コピペ」するだけです。自動的に類似したコンテンツを探してくれます。

表示された数値が高いほど、「似ている文章がある」という意味なので、修正していく必要があります。

※デメリットとして、最大で4,000文字までしか一気に計測できない点があります。たくさん文字数がある場合は分けてチェックする必要があります。

高橋大佐

ここにやや使いにくさを感じてしまいますが、無料なので仕方がないと割り切っています。

文章の難易度をチェックする便利ツール「帯3」

文章の難易度をチェックする便利ツール「帯3」
http://kotoba.nuee.nagoya-u.ac.jp/sc/obi3/

文章の難易度チェックには、≫帯3を勧めます。

文章の難易度をチェックする便利ツール「帯3」

空欄ボックスにチェックしたい文章をコピーして貼り付けるだけでOK

高橋大佐

こちらも使いやすさが神

チェック後は以下のように、わかりやすく表示してくれます。自分の書いた文章がこうして客観的に判断できるのはとてもありがたいですね。

文章の難易度をチェックする便利ツール「帯3」
文章の難易度をチェックする便利ツール「帯3」
高橋大佐

中学3年生レベルと表示されていますね。おおよそ読みやすい文章になっているかと思います。

本記事の本文をコピーしてチェックしてみました。

SEOライティングに便利なツール3つ

SEOライティングに必須なツールを3つ厳選し、紹介していきます。

私が毎日使うものは以下の3つになります。どれも必須レベルなので即導入することをおすすめします。

  1. 共起語検索ツール
  2. ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
  3. 見出し(hタグ)抽出:競合サイトの見出し(キーワード)を調べてSEO対策

共起語検索ツール

共起語検索ツール
https://neoinspire.net/cooccur/

そもそも共起語とは、あるキーワードと一緒に検索されることが多い言葉を指します

たとえば、SEOの共起語とは、

  • 検索
  • 対策
  • サイト
  • ブログ
  • 記事
  • Google
  • コンテンツ
  • ページ
  • エンジン
  • 表示

10個ほど挙げてみました。

これは「SEO」というワードを検索したユーザーに、似ている言葉を多く用いることで”検索”されるチャンスを生み出します。

つまり、共起語をなるべく多く使うことがSEOとも言い換えられます。

とはいえ、無理に使いすぎて文章がおかしくなってしまう恐れもありますので、その点は自然な文章を心がける必要がありますね。

使い方は空欄ボックスに調べたいワードを入力するだけです。

共起語検索ツール

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
https://related-keywords.com/

SEOでは必須作業ともいえる「キーワード選定」、みんなに愛されている≫ラッコキーワードがマスト

キーワード選定とは、SEOに必要な重要「単語」を選ぶことです。

このキーワード選定は、SEOにとって最も重要だと語る人も多く、決して避けて通ることはできないでしょう。

適切なキーワードを選定することで、届けたいユーザーへアプローチすることが可能になるため、記事を書く前に設定する必要があります。

ツール自体の使い方はとても簡単です。検索ボックスに調べたいキーワードを入力するだけです。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

今回は「SEO」と入力し、検索結果は以下の通りです。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

サジェストとは、Googleなどで検索した「ほかの候補」、よく一緒に検索されている言葉の組み合わせを指します

こんな感じ⇩

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

もし、SEO対策のやり方について、記事を書きたいと考えるなら「SEO対策 やり方」というサジェストがあるのか確認します。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

しっかり「SEO対策 やり方」というサジェストが確認できますね。これで需要があることがわかりました。

記事作成GOのサインです。

基本的にサジェストキーワードにないキーワードで記事を書くことは、やめておきましょう。

高橋大佐

はじめは”需要がない”記事を書くことよりも、わかりやすく需要がある記事作成を優先させましょう。

ここまでが、キーワード選定の方法です。あくまでやり方になりますので、詳しいキーワード選定は割愛します。

高橋大佐

この記事ではむずかしいことや詳しいことはあえて省いてます。とても長くなるんですよね・・・

※別記事で解説予定なので、お待ちください。

見出し(hタグ)抽出:競合サイトの見出し(キーワード)を調べてSEO対策

見出し(hタグ)抽出:競合サイトの見出し(キーワード)を調べてSEO対策
https://rakko.tools/tools/3/

記事の見出しを決めるときに役立つのが、≫見出し抽出ツールです。

hタグを指定して、好みの見出しを抽出することが可能です。

他サイトをリサーチするときには、必ず使うことをおすすめします。

使い方は、キーワードボックスに調べたいワードを入力し、「検索上位サイトから抽出」をクリックするだけ。

見出し(hタグ)抽出:競合サイトの見出し(キーワード)を調べてSEO対策

試しに、「SEO やり方」で検索すると以下のように表示されます。

見出し(hタグ)抽出:競合サイトの見出し(キーワード)を調べてSEO対策

赤枠で表示されているのは、

  • タイトル(h1)
  • 文字数(54,806)
  • URL
高橋大佐

文字数やばいってのが真っ先にわかりますねw

そして、小さい赤枠の「+」をクリックすると詳細な見出しが表示されます。

見出し(hタグ)抽出:競合サイトの見出し(キーワード)を調べてSEO対策

h2、h3と見出しの詳細が表示されます。

見出し(hタグ)抽出:競合サイトの見出し(キーワード)を調べてSEO対策

このように、競合をリサーチして自分が書く記事の参考にしていきます。

※あくまで参考程度にし、丸パクリは絶対にやめましょう。すぐにバレます。

高橋大佐

上位サイトが解説していることは自分も押さえ、足りないコンテンツや情報を付け足すと良い記事になると思います♪

ツールを使うことで信頼される「Webライターとしての収入がアップ」

紹介してきたツールを使うことで、間違いなくWebライターとしての収入はウナギのぼりになるでしょう。

なぜ、収入がアップするのか。

それは文章の誤字脱字から文法の間違いが減り、ユーザーが望むコンテンツを盛り込むことで記事自体の質が上がるためです。

ライターにとって、信頼が全てだといっても過言ではありません。信頼が文章の質になります。

極論、文章がうまくなくてもいいんです。ツールを使って整った文章が書けていればそれでOKです。

クライアントが修正する作業を減らすことが重要です。ライターはクライアントがラクになることをすればいいのです。

高橋大佐

「おもてなし」の精神はとても大事です♪

ツールを使いこなし、クライアントから信頼のおけるライターを目指しましょう!

結論:Webライターに必要なツールを使いこなし「質の高い記事」を目指す!

この記事ではWebライターに必要なツールについて紹介してきました。

内容をかんたんにおさらいしましょう。

Webライターに必須のツール6つ

  1. 文章校正「Word」
  2. コピペチェック「≫こぴらん
  3. 文章の難易度チェック「≫帯3
  4. SEOライティングツール「≫共起語検索
  5. SEOライティングツール「≫ラッコキーワード
  6. SEOライティングツール「≫見出し抽出ツール
高橋大佐

どれも便利すぎて無料なのが恐ろしいくらいです。

今回、押さえてほしいことは「信頼性のある記事執筆」ですね。

あくまで「信頼性のある記事を書く」ということが目的になります。

決してそれぞれのサイトをブックマークして終わらないでくださいね。

活用して、はじめて価値は発生するものです。

今回の記事を読んでいただき、Webライターとして少しでも役立てていただければ幸いです。

以上で終わりにします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる