【ガチ未経験でも可能】イメージの湧くWebライターの始め方『3ステップ』

【ガチ未経験でも可能】イメージの湧くWebライターの始め方『3ステップ』

「Webライターの始め方がわからない」

「未経験でもわかる具体的な手順が知りたい」

こんな悩みにお答えして解説していきます。

Webライターを始めたいと思っても、何からスタートしたらいいのかわからない。手順みたいなものがあれば嬉しい。こんな気持ちになったことがありませんか?

今回は、未経験でもイメージのできる手順でわかりやすさを重視して解説していきます!

本記事の内容
  • Webライターの始め方が「3ステップ」で理解できる
  • 実際に始めるイメージが湧く

下にタップできる目次を用意しています。

Writer ⇒ 高橋大佐
高橋大佐アイコン

Webライター

経歴

Webライター歴 1年

主な文字単価 1.0円~2.0円

最高月収 20万円

キャッチコピー

会社員・既婚・子持ちでも月10万は稼げる

コメント

このサイトでは「ノースキル」の方を対象に、文章の書き方やWebライターとして役立つことを紹介しています。

SWELL公式サイトへ
< 当サイト使用WPテーマ >
タップできる目次

Webライターを始めていく前に「心構え」を作る

まず、Webライターを始める前に「心構え」を作っておくと、あとが楽に動けます。

お伝えしたいのは3つ。

  1. 「人と関わる」仕事を理解する
  2. 「楽に稼げる」と思わないこと
  3. 自分の文章を届ける仕事ではないということ

それぞれ解説していきます。

「人と関わる」仕事を理解する

Webライターは「クライアントワーク」になります。

クライアントとは発注者を指し、仕事を誰かに依頼する人のことをいいます。

つまり、発注者ありきのお仕事だということです。

「人と関わる」ということは、テキトーな仕事は求められない・認められないということでもあります。

やりたくないからやめる。つまらないから途中で放棄する。このような無責任な行動はしないよう取り組むことが重要です。

「楽に稼げる」と思わないこと

ネットを検索すると「Webライターは稼げる、簡単」といったことが書かれている記事も多く見かけます。

結論からいうと「楽には稼げません」

それだけは理解しておいてほしいと思います。決して、楽に簡単に稼げるお仕事ではありません。

しかし、ノースキルでも稼ぐことが可能な「夢のあるお仕事」とも言えます。

逆に「文章を書く」ことに慣れている人にとっては、難易度が低くなりますのでその分有利にスタートできるでしょう。

自分の文章を届ける仕事ではないということ

Webライターの大半のお仕事は「リサーチした情報を整頓し、よりわかりやすくまとめる」という内容になります。

つまり、「書きたいこと」を書くわけではないことを、あらかじめ知っておいてほしいと思います。

もし、自分の書きたいことが強い方は「ブログ運営」に方向性を変えた方が良いかもしれません。

あくまで、クライアントに合わせた記事執筆がWebライターの基本だということを理解して読み進めてほしいと思います。

未経験(スキルなし)でもWebライターは稼げるようになる

Webライターはノースキル(未経験)スタートでも、稼げるようになります。

理由を実体験から3つ挙げました。

  • 始めるコストが低くリスクがない
  • 文才や難しい言葉は全く必要ない
  • 文章力よりも「信頼や人間性」が大事

それぞれ解説していきます。

始めるコストが低くリスクがない

Webライターに必要なものは「パソコン」があれば十分です。もし、現在使用しているパソコンがあればそれで問題ありません。高いパソコンは必要ありません。

何かを始めるときに、必ず考えなければならないのが「初期コスト」でしょう。Webライターの魅力は圧倒的、低コストで始められることがメリットだと感じています。

パソコンを持っていない場合でも、3万円ほどのノートパソコンであれば購入できる人がほとんどだと思います。仮に無理をして購入したとしても、3万円程度であれば初月の報酬で補填できる可能性が高いので、実質チャラとして考えるのもアリだと思いますよ。

Webライティングするには充分すぎるモデル⇩

高橋大佐

収入が増えてきたら、新しいPCを購入するなど、自分のモチベーションを上げていく手段にも使えますよ♪

また、Webライターの利点として「リスクがない」ことが強みでもあります。始めたはいいが、どうしても合わないということも現実問題あると思います。そんな時、初期コストが全て無駄になってしまうケースがほとんどですよね。

しかし、残るパソコンの用途は他にもたくさんあります。決して無駄にはならないはずです。もし不必要であれば売ってしまうという選択肢もあります。

つまり、「Webライターは初期コストが低く、リスクがない」ということがいえます。

文才や難しい言葉は全く必要ない

よく「文章力がないから」「文才がないから」という意見を耳にします。実際私も同じことを思っていたので、否定はできません。気持ちがよくわかります。

ただ、実際に勇気を出して始めたWebライターのお仕事は、「案外できるものだな」というのが、本音でした。

というのも、難しい言葉や文才というほどの能力は全く求められていないのです。たしかに、記事単価や文字単価をどんどん上げたいと考えるなら、「文章力」の向上は不可欠なものとなるでしょう。

しかし、月5万円や10万円を目標とする人にとっては、さほど意識する必要はありません。怖がる必要はないということです。

とはいえ、一定の記事品質は大事になってきます。

Webライター初心者が使うべきツールを別記事でまとめています。始める際は一度読んでおくと記事の品質担保に役立ちます。

≫【超定番】現役Webライターがおすすめする必須ツール6選「もう手放せません」

文章力よりも「信頼や人間性」が大事

さきほど、「文章力は気にする必要はない」と述べました。

Webライターでお仕事をもらうためには、提案文を送りそれをクライアントが判断し契約となります。つまり、クライアントが最終的に決めるということです。

では、このクライアントの人が、

  • 「あなたと仕事をして良かった」
  • 「いつも納品が早くて助かる」
  • 「連絡がマメで信頼できた」

このような感想を持ったとしましょう。

これは、文章力よりも「あなたの人間性や信頼できる行動」が高い評価として印象を与えたということですよね。実際にこういった理由で、お仕事を継続してもらえたり、繋がったりしたケースは私も経験があります。

一概に文章力が全てと思わず、誠実な姿勢と相手が喜ぶであろうことをしてあげることで、Webライターの活動は充分にやっていけます。大丈夫です。

Webライターを始め方「簡単3ステップ」

  1. クラウドソーシングに登録する
  2. プロフィールと提案文をガチで作り込む
  3. ライティングの基礎知識を学ぶ

①クラウドソーシングに登録する

まず、クラウドソーシングに登録してしまいましょう。基本的に初心者はここからスタートしておくことで多くのことを学ぶことができます。

たとえば、

  • 仕事を獲得する大変さ
  • 文章の添削と成長
  • 文章に対する可能性

他にもありますが、書ききれないほどの学びが秘められています。

さて、クラウドソーシングには人気のサイトが2つあります。

今回は人気どころで紹介していきます。

この2社で登録しておけば、初心者が案件探しで困ることはありません。自信を持っておすすめできます。サービスもしっかりとしており、サポートも信頼できます。

それぞれ登録方法を別記事で解説しています。

ランサーズ≫【Webライターへの一歩】ランサーズ登録方法・手順解説『プロフィール例文あり』

クラウドワークス≫【Webライターの始め方】クラウドワークスの登録方法・手順解説『プロフィール例文あり』

※2021年注目のクラウドソーシングサイト「つなぐ」はこちら⇩

≫【つなぐ / tsunagu】2021年大注目のクラウドソーシングサイト『手数料が破格』

高橋大佐

登録が済んだら次は「プロフィール作成」です。意外と手を抜いているライターさんが多いので、作り込むことだけで差別化できます♪

②プロフィールと提案文をガチで作り込む

各クラウドソーシングサイトもそうですが、自己紹介ページはめちゃくちゃ大事です。そう「あなたの顔」だから。

彼女や恋人に会いに行くとき、身だしなみを整えますよね?それと同じくらいの気持ちで、自分の身だしなみを整えてください。ガチでやらないと意味がありません。

初心者が最初に苦労するのは「仕事をもらうこと」です。おそらく全員が苦労してきたことだと思われます。私もその内の1人です。

そんな経験をした私が思う「最適化したプロフィール作成のコツ」を紹介しています。

高橋大佐

ちょっとしたコツや提案文の作り方で、仕事をもらえる確率は格段にアップしますよ♪

1%でも受注率を上げたいと思う方は、≫【例文あり】Webライターは提案文が命『売りすぎ提案注意』をご覧ください。

高橋大佐

提案文一つで本当に変わります。

③ライティングの基礎知識を学ぶ

ある程度、文章を書くことに慣れている方はそのまま提案文をガンガン送り、仕事を獲得することができるでしょう。

しかし、Webライターになりたい人の中には「まったく文章が書けない」「昔から大嫌いだった」なんて人も多いはずです。私も同じような状態でスタートしています。

安心してください。

Webライターとして活動するためには「難しい言葉や専門用語」などをあらかじめ知っておく必要はありません。もちろん、知っておいた方が良いということは紛れもない事実です。でもそれは、他人より多少有利になる程度のものだという認識でOKです。

じゃあ、まったく文章のことは勉強しなくてもいいのか?

それは間違いだと思っています。というのも、ある程度、お仕事がもらえるようになると自然と楽しくなってきます。自発的に「ライティング本」を購入し、より良い文章を求めるようになると思います。必ずその時期がやってきます。

ということで、その必要になったとき、または事前に用意しておきたい人用にWebライターとして役に立った「文章力を鍛える本」を2冊紹介しておきます(ぶっちゃけコレだけで充分です)

新しい文章力の教室 若手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ

もはやコレだけ買って読んでおけば、Webライターとして恥ずかしくないレベルの文章力が身につきます。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

反則的なタイトルだと思います。中身はまさにタイトル通りそのもの。良い事尽くしのまるで「豪華海鮮丼」なようなライティング本です。

高橋大佐

ガッツリ勉強してから始めるのではなく、勉強しながらWebライターの活動をすると、楽しくスムーズにお金を稼ぐことができるようになります。

初心者でもかんたんに学ぶことができるライティングをまとめています⇩

≫【月10万稼げる3冊】Webライターにおすすめのライティング本『初心者は必須』

結論:始めようと思ったら即スタートするべし!

未経験でもイメージが湧くWebライターの始め方を紹介してきました。

内容をおさらいをします。

  • Webライターは心構えを作り、楽に稼げると思わないこと
  • 未経験でも十分活躍できて、すぐに始められる
  • 文章力よりも人間性が大事
  • クラウドソーシングは、2社登録する(ランサーズ・クラウドワークス)
  • 余裕があれば「ライティング本」で学びを得る

結論:興味があるなら、まずやってみることが大切です。

私もビビりながら始めましたが、あの時行動して本当に良かったと思っています。

嫌ならすぐにやめればOKというのも大きいメリットです。ただ、クライアントに迷惑をかけることだけはやめてくださいね。相手も人間です。

今回は以上で終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる