【月10万稼げる3冊】Webライターにおすすめのライティング本『初心者は必須』

【月10万稼げる3冊】Webライターにおすすめのライティング本『初心者は必須』

「Webライターにおすすめのライティング本が知りたい」

「調べても多すぎて、ぶっちゃけよくわからない」

こんな悩みにお答えして解説していきます。

Webライターをこれから始めようとしている人、すでに始めており何か文章力を上げる本が読みたい、こんな風に思っている人向けに、「最低限の文章力が身につくおすすめ本」を紹介していきます。

Webライターを始めようと考えている人は、≫【ガチ未経験でも可能】イメージの湧くWebライターの始め方『3ステップ』を読んでいただくと、スムーズにスタートできるかもしれません。

本記事の内容
  • Webライターをはじめる人に必要な本がわかる
  • 文章が上手くなりたい。
  • 効率的に書けるようになりたい。

下にタップできる目次を用意しています。

Writer ⇒ 高橋大佐
高橋大佐アイコン

Webライター

経歴

Webライター歴 1年

主な文字単価 1.0円~2.0円

最高月収 20万円

キャッチコピー

会社員・既婚・子持ちでも月10万は稼げる

コメント

このサイトでは「ノースキル」の方を対象に、文章の書き方やWebライターとして役立つことを紹介しています。

タップできる目次

Webライターが「最低限読んでおけばOKの本」3選

  1. 「新しい文章力の教室」
  2. 「文章力の基本」
  3. 「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

私が未経験からスタートして、月20万円ものお金をいただくまでに読んだ本は、たったの三冊だけなんです。

つまり、今回紹介する本を読むだけでも、文章力の貢献に充分な効果を発揮すると考えています。

Webライターに求められているのは、正しい情報を正しい言葉で伝えるということでもあります。正しい情報を伝える練習として打ってつけなのが、「プロフィールや提案文」をしっかりと作り込むことです。

まずは、自分自身をしっかりとアピールし、クライアントに伝えることから始めましょう。

≫【例文あり】Webライターは提案文が命『売りすぎ提案注意』→こちらで具体的なやり方をまとめています。

それでは、「厳選の3冊」を紹介していきます。

①新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ

この本こそ、「Webライター必読書」にふさわしい一冊だと思います。最悪コレ一冊だけ持っておけば安心レベル。

理由は3つ。

  1. 簡単な文章の書き方が書かれている
  2. 読者に伝える丁寧な「完読法」が書かれている
  3. 上級者までうなづく内容が書かれている

とにかく”読みやすさ”に特化した文章作りをインプットできる!

≫新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ

②文章力の基本

¥1,430 (2021/04/13 17:31:47時点 | Amazon調べ)

「文章を書くのが苦手」「文章を書くのが苦痛」こんな風に感じている人は、サイコーの解決書になると思います。

理由は3つ。

  1. 文章を簡単に書くテクニックが書かれている。
  2. 多くの人がやってしまう、間違った使い方が書かれている。
  3. 読み手に優しい文章作りが書かれている。

読者にとって読みやすい、文章の”テクニック論”を学ぶことができる一冊!

≫文章力の基本

③ 「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

タイトル通り「ずるい本」です。「文章の書き方」をテーマにした本100冊まとめたノウハウが一冊にまとまっているんですから、実質最強と言っても過言ではありません。私はタイトルだけで購入してしまいました。

理由は3つ。

  1. ワンランク上の文章術が書かれている。
  2. 文章のプロ達が必要だと思うことだけが書かれている。
  3. 「7のルール」・「13のポイント」・「20のコツ」毎に読みやすい構造

100冊分のノウハウが詰まっているため、内容が非常に濃い!やや文章に慣れてから読む方がベスト!

≫「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

書籍だからこそ価値のある情報がある

無料でも「有益」と呼べる情報が多く存在する昨今ですが、あえてお金を出す必要性について少し説明していきたいと思います。

理由は3つ。

  1. 無料の情報だけでは差別化できない
  2. 有償に手を出すとこで本気を作る
  3. プロの構成、文章術を真似る

それぞれ紹介していきます。

無料の情報だけでは差別化できない

Webライターは始めるハードルが低いため、挫折していく人も多い特徴があります。理由はさまざまですが、大半は「稼げない」という点を感じる人が多い気がします。たしかに、Webライターは労働型の仕事です。数をこなさないと中々収入を伸ばすことは難しいでしょう。

収入を伸ばすということは、他のライターと差別化していく必要があります。いつか無料の情報には限界を迎えます。「文章力を上げる本」や「文章スキルを伸ばすスクール」などを考え出すかもしれません。

個人的には、月20万ほどの収入を得るために、高いスクールなどに通う必要はないと考えています。

書籍で充分すぎるほどの「文章力」を身に着けることも可能です。

有償に手を出すことで「本気」を作る

人は、長い年月をかけて頑張ってきたことや、お金をつぎ込んできたことは、なかなか手を離すことができない生き物です。これは専門用語で「サンクコストバイアス」とも呼ばれ、ある意味しょうがないことでもあります。

今回は、この「サンクコストバイアス」を逆手にとることで、自分自身が辞めづらい環境を作る方法です。

自分でビジネス書を購入し、文章力を磨く時間。ここに価値を見い出すことで「本気」になろうということです。やめた時のリスクが少しでもある方が、人は真剣になれます。あくまで一つの方法ですけどね。

プロの構成、文章術を真似る

実は、一番ここが大事です。

前提として、無料で読める=「アマチュア」である可能性が高いんですよね。つまり、Google検索で得る情報は、良くも悪くもプロが書くそれではないんです。

書籍化しているということは少なからず「文章力が高い」ことが証明されています。ひたすら愚直にビジネス書を読んでいるだけでも文章力は向上します。意識せずとも、人は読んでいる文章をコピーできるものです。

利用しない手はありませんね。

結論:自己投資は己を成長させる起爆剤です!

Webライターにおすすめなライティング本を紹介してきました。

内容をおさらいをしていきます。

結論:「ライティング本」という自己投資は、己を成長させる起爆剤です!

文章を書いてこなかった人こそ必要だと考えます。つまり初心者の人ほど自己投資の経験を積むべきだと思います。書籍の場合、高くても2,000円程度で購入できるものがほとんどです。かなり手軽な自己投資ですよね。

それくらいの投資で、ライティングスキルが上がるなら「こんなにコスパが良いもの、他にありません」

私も、ライティングに迷う時は、いまだにパラパラと読みふけることがあります。Kindleのような電子書籍は便利なのですが、紙の書籍は気軽に読めるので、やっぱり便利です。なんとなく置いておくだけでオシャレなのも高ポイント。

不安な人は、一度、近くの書店で立ち読みしてみると良いかもしれませんね。きっと置いてあると思います。

今回は以上で終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる