【PREP法】Webライターの書き方のコツ「型にはめるだけでOK」

【PREP法】Webライターの書き方のコツ「型にはめるだけでOK」

文章の書き方がいまいちわかりません。

文章が書きやすくなる方法ってないの?

このような悩みを解消します。

本記事の内容
  • 文章が苦手な人でも書けるようになるコツ
  • 型にはめるだけで「かんたんに」書ける方法

下にタップできる目次を用意しています。

Writer ⇒ 高橋大佐
高橋大佐アイコン

Webライター

経歴

Webライター歴 1年

主な文字単価 1.0円~2.0円

最高月収 20万円

キャッチコピー

会社員・既婚・子持ちでも月10万は稼げる

コメント

このサイトでは「ノースキル」の方を対象に、文章の書き方やWebライターとして役立つことを紹介しています。

みんなのように文章がうまく書けません・・・

こういった悩みを持つ人はとても多いはずです。私もそのうちの1人でした。

調べても調べても、結局むずかしいことばかりで解決しないことに頭を悩ませていた時期があります。

そんな初心者が抱えるこの重大な悩みを、できる限りかんたんな言葉で解説していきます。

ちょっとしたコツを覚えるだけで劇的に書きやすくなるんです!

今回は、「書きやすくなるコツ」「型にはめるだけでかんたんに書けるようになる方法」を紹介していこうかと思います。

高橋大佐

この記事を読むことで、記事を書くことが楽しくなり、今までよりも早く書けるようになるはずです。

それでは紹介していきます。

SWELL公式サイトへ
< 当サイト使用WPテーマ >
タップできる目次

まず「なぜ書けないのか」を少し考えてみましょう!

ズバリ、文章の書き方を知らない!

これに尽きると思います。

私もどう書いたらいいのか、ぶっちゃけよくわかりませんでした。

自分なりに調べたり、文章がうまくなりたい一心で本屋へ走ったこともあります。

そこで出会ったこの本はとても読みやすく、今でも買って良かったと思える本の一つです。

最初に買った本⇩

高橋大佐

書店は立ち読みができるので便利ですよ!パラパラとめくり「読みやすい」と思ったので即買いw

ただ、まぁいきなり本を買いたくないという人もいるでしょうから、最初に覚えて欲しいことだけをピックアップして、このあと紹介していきますね。

Webライター向け「かんたんな文章の書き方コツ3選」

ここから紹介していくのは、すべて「WEBライティング」と呼ばれる方法です。

WEBライティングとは、Web上(ネット上)に書かれている文章のことをいいます

つまり、書籍や雑誌、小説の文章とは違うということを前提にして読んで欲しいと思います。

では早速、「かんたんな文章の書き方コツ」を紹介していきます。

  1. 文章の型を覚える
  2. かんたんな文章で書く
  3. 伝えたいことは「一つの文章に一つ」

書き方のコツ①文章の型を覚える(PREP法)

文章の型は、たくさんこの世に存在します。

初心者のうちは全て覚える必要はありません。1つ使えるだけで劇的に文章が書きやすくなります。

よく「結論ファースト」という言葉を聞きますが、これはWEB上の情報を見たい人が「早く結論を知りたい」と思っているから。

つまり、結論から言ってあげないと、せっかく訪れたお客さんが離れてしまうわけです。

高橋大佐

小・中学校の校長先生とか話が長かったですよね?結局なにが言いたいの?となってしまうので、だらだらと文章を書くのはなるべく避けましょう!

慣れてきたら、他の文章の型を調べて学ぶのもアリですね。

ここでは、初級編ということで「PREP法(プレップ)」を覚えてもらいたいと思います。

まず、PREP法の理解から少しだけ。

頭文字の意味はこちら⇩

  • P(結論)Point まず結論をシンプルに伝えます
  • R(理由)Reason 結論の理由を述べ、信頼性を
  • E(具体例)Example さらに具体例でわかりやすく
  • P(再結論)Point だから○○と伝え、読者に納得してもらう

つまり、PREP法の型に乗っ取って文章を書いていけばいいのです。

高橋大佐

極論ですが、世のほとんどのライティングはこれ一つで十分ですよw

では、実際にどのように書いていくのか例文を書いていきます。

P(結論)文章を書くスキルは生活の質を向上させます。

R(理由)理由は、文章が書けるようになるとライティングのお仕事やブログでお金を稼げるようになります。

E(具体例)たとえば、Webライターを副業ではじめる場合、文章がうまく綺麗に書けることはそれだけで優遇され、お金をもらえるチャンスが広がります。また、ブログに関してもモノを売りたい時や宣伝したいときも、ライティングスキルは強い味方となります。

P(再結論)だから、文章を書くスキルはお金という対価を得やすくなり”あなた”の可能性をも広げ、生活の質を高めることができます。

高橋大佐

こんな感じで、言いたいことを型通りにはめ込むだけで文章が完成しました♪かんたんです。

最初は、さすがに難しく感じますが、慣れてしまえばあまり考えずに書けるようになりますよ。

決して焦らず、ここは時間をかけてゆっくりと自分のもの(武器)にしていきましょう。

書き方のコツ②かんたんな文章で書く

かんたんな文章とは「小学生や中学生でも分かる」文章と考えると、わかりやすいかと思います。

もし、友達に何かを説明するときに専門用語や難しい例えは使わないはずです。WEBライティングも同様にできる限り相手が頭を使わなくても理解できる文章がいいとされています。

文章レベルを測定してくれるツール≫帯3

高橋大佐

「帯3」を使うとかんたんに文章レベルのチェックができるので重宝してます♪

こちら≫【超定番】現役Webライターがおすすめする必須ツール6選「もう手放せません」で紹介しています。

ほかにも、

  • 漢字・ひらがな・カタカナの割合に気を付ける
  • 数字を使い、信頼性を持たせる
  • このように箇条書きを使い、見やすくする

漢字は3割、ひらがなを7割くらいにおさえると人間は読みやすいと感じます。

信頼性を示すときや根拠については、数字を用いて相手が納得できるようにしてあげることが大切です。

複数のことを相手に伝えたいときは箇条書きもおすすめです。視覚的に見やすくなりパッと見で理解しやすくなるでしょう。

書き方のコツ③伝えたいことは「一つの文章に一つ」

私がWebライターを始めたきっかけは、今から1年前、私が30代のころ、なにかスキルを学びたいと思ったからです

高橋大佐

どうです?テンポも悪く読みにくくないですか?

この例文が読みにくいと感じたのは、一度に情報を運び過ぎていることが原因ですね。

つまり、運ぶ量を減らして、少しずつ運べばいいということです。ちょっと修正してみますね⇩

今から1年前の30歳。Webライターを始めたきっかけは、スキル学習のためでした。

内容も変わることなく、文章もスッキリしました。できる限り「一文を短く」することを意識すると読み手の負担が減ります。

高橋大佐

自分が読みにくいと感じたら危険信号です。何度も自分に問いかけ、伝わりやすい工夫をしてあげると文章は楽しくなります♪

この本から学びました⇩

¥1,430 (2021/04/13 17:31:47時点 | Amazon調べ)

ほかにもおすすめの本が知りたい人向けに、まとめた記事を紹介しておきます。

≫【月10万稼げる3冊】Webライターにおすすめのライティング本『初心者は必須』

Webライター向け「真似するだけでかんたんに書けるようになる方法3選」

先ほどは、文章をかんたんに書くためのコツを紹介しました。

ここから紹介するのは、「真似するだけでかんたんに書けるようになる方法」です。

  1. 文章をとにかく読む
  2. ひたすら真似して移す
  3. とことん毎日やる

それぞれ紹介していきますね。

①自分が読みやすいと思う人の文章を「とにかく読む」

  • 参考にしている人
  • 尊敬している人

こんな人誰かいませんか?1人くらいいると思います。もし、いないのであればブログやnoteなどを巡り探してみましょう。

noteは素人から文章のプロまで様々な人がコラムや日記、ブログなどを公開しています。人の作品を見ることはとても勉強になります(見過ぎは危険ですがw)

時間を決めて、毎日設定した(1人~2人)の文章を読む。とにかく読む。

参考にしている人や尊敬している人、つまり「文章がうまい人」の書き方を学んで欲しいのです。できる限り、参考にする人は多くて2人にしましょう(多すぎると逆効果です)

分かりやすく言うと、プロ野球選手になりたいならプロ野球選手を見たり、自分より上手な人を見て学びますよね。あれと一緒です。日常的にうまい人を見て自分の感覚も養いましょう。

もし、文章の上手い人がわからないという人向けに、私のおすすめ2人を紹介しておきます。

ブログ界の代表「≫マナブさん」
≫manablog

ブログ界の自称凡人にして超努力家「≫ヒトデさん」
≫ヒトデブログ

※名前クリックでツイッターへ、ブログクリックで各ブログへ飛びます

高橋大佐

2人ともブログ界では超がつく有名人。実力はホンモノです。

マナブさんは「ライティングスキル」を極めているので、多用な表現を巧みに使っています。

ヒトデさんは「読み手の配慮」に長けており、とにかくスラスラ読めて楽しい文章が好きです。

どちらも学ぶことしかありませんので、WEBライティングについては申し分ないかと。

②読みやすい人・尊敬する人の文章を「ひたすら真似して写す」

先ほどは、「とにかく読む」でした。

ここからは、「ひたすら真似して写す」

つまり、模写です。”全く同じ文章を書く”ということです。

高橋大佐

ただ同じ文章を写すだけです!かんたんでしょ?

読むことも大事ですが、書くことも大事なんですね。

プロ野球選手と同じプレイはできないですが、文章は全く同じ文章を書くことができるんです。これ凄いことですよねw

私も半信半疑でしたが、やってみるとこれがまた面白い!新しい発見がたくさんあります。

写しているだけなのに、最初はすごく書きにくいんですよwもちろん自分の書き方とは全く違うので、当たり前なんですけどね。

慣れるまではすごく書きにくいんですが、毎日書いていると、その真似している人が乗り移るような錯覚に陥ることがあるんですよ。不思議な体験なんですが、「この人ならこう書きそうだな」「次はこんな書き方がくる」みたいな予測もできるようになります。

真似しすぎると、コピーマンになってしまうので「あくまで上手な人の文章を取り入れる」という目的で試してみてください。

とてもおすすめ。

③とことん①と②を繰り返す!

とことん反復作業です。

これは毎日やることをおすすめしたい。なぜなら、毎日やらないと本当に身につかないからです。

中学生や高校生の頃、毎日の部活を思い出してください・・・毎日やっていましたよね?休むと感覚を取り戻すのも大変ですし、練習は少しの時間でも毎日継続することが大切です。

私も、10分でも必ずは毎日やることを意識して訓練しました。大変ですが、いち早く身に着けたいと思う人は継続しか勝ちません。

高橋大佐

毎日やることで、文章を書くことに対してストレスがなくなります。これは思ってもいない副産物でしたが、やった効果は大きいと思っています♪

毎日、文章を読み・文章を写す。ぜひ一緒にやりましょう。

結論:うまい人はみんな「真似」しているだけなんです!

文章が書きやすくなるコツや方法を紹介してきました。

今回、押さえてほしいことは「上手い人を真似る」ですね。

結論:とにかくうまい人の文章を読み、ひたすらに真似をするだけ!

完全にコピーするのはよくありませんが、うまい人の文章を真似することはライティングスキルの向上に最も効果的だと思います。

私も、とにかく毎日上手い人の文章を読み、パソコンで書いたり写したりしていました。

人間って不思議なもので、真似しているだけなのにどんどん上手く書けるようになってしまうんです♪

高橋大佐

最初は自分のオリジナル要素は省き、完全に真似することだけを考えてライティングスキルを磨いていきましょう。

今回は以上で終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる