【本音で語る】Webライターのつらいこと厳選「みんな経験してるから大丈夫」

【本音で語る】Webライターのつらいこと厳選「みんな経験してるから大丈夫」

Webライターってなにがつらいの?

どこがつらいの?具体的に知りたい。

このような悩みを解消します。

本記事の内容
  • Webライターを1年やってきた体験談ベースで本音を語る
  • 未経験者・初心者に聞いてほしいリアルな話
  • つらいけど継続できた「よかった」ことも紹介

下にタップできる目次を用意しています。

Writer ⇒ 高橋大佐
高橋大佐アイコン

Webライター

経歴

Webライター歴 1年

主な文字単価 1.0円~2.0円

最高月収 20万円

キャッチコピー

会社員・既婚・子持ちでも月10万は稼げる

コメント

このサイトでは「ノースキル」の方を対象に、文章の書き方やWebライターとして役立つことを紹介しています。

Webライターってラクではないんですよ・・・

結論ですが、Webライターは決してラクではありません。誰でも稼げるやかんたんに稼げるといった情報は間違いであると、最初にお伝えしたい。

とはいえ、誰でも最初は未経験です。

そこで、今回は誰もが通るつらいことを隠さず提供いたします。

最初から知っておけば、気持ちも準備ができますし、その時になっても冷静に対処できるはずです。

この記事を読んでいただければ、Webライターのつらいこと・よかったことを理解できると思います。

いずれ自分にも必ず起こり得ることなので、今から知って準備しておきましょう。

それでは、紹介していきます!

SWELL公式サイトへ
< 当サイト使用WPテーマ >
タップできる目次

Webライターはつらい「ラクではありません」

前提として覚えていただきたいのは、Webライターは「フロー型の仕事」だということです。

フロー型とは、仕事をしたことに対して収入が発生する(※アルバイトのようなイメージ)
一方、ストック型は成果報酬型ともいい、必ずしも仕事に対する収入が見込めるわけではありません

つまり、文字を書かなければ絶対にお金は稼げないということです。

逆をいえば、手を動かせば必ずお金がもらえるということでもあります。

Webライターをはじめる人、今もやっている人は必ず覚えておいてほしいことです。

つらいと感じてしまう大部分は、この作業感が原因だと私は思います。

一般的に、一文字〇円という単位で、合計書いた文字数で報酬が決まります。

これ以外も記事単位で報酬がもらえる場合もありますが、初心者は経験が浅い人にとっては、だいぶ先の話ですので今回は割愛します。

ほとんどの人が、「お金」目的でWebライターをはじめる人が多い現状です。目的である報酬が計算されやすいのはイイことですが、かえってやる気を削いでしまう原因にもなってしまいます。

たとえば、【一文字0.1円で1,000文字】という依頼があったとします。

こちらの案件・・報酬は「100円」です。ひどすぎますね。

初心者のうちは、「とにかく案件を受注しないことに始まらない!」という風に、焦って酷い案件を受けてしまうことが多々見受けられます。

こういった劣悪案件は絶対に受けてはいけないのです。やる気も維持できませんし、なにより目的である報酬が低くなりすぎてしまい、確実に続けることができません。

Webライターとしてやっていくために、つらいことはもちろんあるのですが、事前に知っておくことで回避することはできるということをお伝えしたいのです。

高橋大佐

体験談をベースに紹介していきますので、ぜひ読み進めてほしいと思います。

Webライターをやって実際に「つらかったこと」5選

Webライターとして「つらかった」ことを5つにまとめました。

  1. 最初がとにかくつらい
  2. 時間がかかってつらい
  3. 時給換算した時の絶望感
  4. 仕事案件の管理が大変
  5. 突然案件がストップしてしまう

それぞれ解説していきます。

①最初がとにかくつらい

つらい原因の多くは「文字単価」が低いことが挙げられます。

記事を書いても書いても稼げず、疲労ばかり感じてしまう人がつらくなってやめてしまう場合が多いです。

対処法としては、いわゆる「超低単価案件」一文字0.5円未満の仕事は受けないということが重要になります。

でも、それじゃあ初心者は案件を受けられないのでは?

このような意見がありそうですが、安心してください。初心者でも0,5円以上の仕事は余裕で受注できます。

具体的な方法は、≫【例文あり】Webライターは提案文が命『売りすぎ提案注意』で解説していますので、「案件がなかなか通らなくて困ってる」という方は、ご覧いただけるとヒントが得られると思います。

②時間がかかってつらい

最初は要領を得ないので「時間」だけがかかってしまいます。

しかし、これは「書き方のコツ」を学ぶことで解消できます。

≫【実はかんたん?】Webライターの書き方のコツ「真似するだけでOK」

書き方のコツが理解することで、時間短縮にもつながり、書くこと自体のストレス、楽しさまで味わうことが可能になります。

私も実際に、コツを知ってからはパソコンに向かうのも楽しくなり、今では毎日気持ちよく仕事ができています。

③時給換算した時の絶望感

文字単価も低い最初の時期は、時間もかかってしまうので、総じて「時給」も低くなってしまいます。

たとえば、文字単価0.5円の3,000文字の依頼であれば、1時間で書き上げた場合、時給1,500円です。

しかし、現実はそう甘くありません。

初心者であれば、およそ3時間はかかってしまうでしょう。

すると、時給は500円程度になってしまうわけですね。もっと時間がかかればどんどん下がっていきます。

良く言えば、時給コントロールもできる仕事と捉えられますが、なかなか最初はできないものです。

ただ、この時給問題は自然と時間が解決してくれます。というのも、書くスピードはどんどん速くなりますし、扱う文字単価も少しずつですがアップしていきます。

最初は仕方がないと開き直って、安心して作業に集中してください。必ず過去の話になる時がきます。

④仕事案件の管理が大変

扱う案件が多くなると、管理が大変になる時がきます。

  • 誰に連絡しなければいけないのか
  • クライアントを間違えてしまう
  • 納期の勘違い
  • 連絡ミス

などなど、小さいミスから致命的なミスまで、自分が思っているよりも大変に感じると思います。

Webライターは「クライアントワーク」なので、自分が受けている仕事はしっかりと管理していかなければなりません。

扱う案件が増えるのは大変嬉しいことですが、つまらないミスで信頼を失うことは充分あり得ます。

人と人との仕事である以上、信頼感はとても大事にしてほしいと思います。

⑤突然案件がストップしてしまう

Webライターはクライアントワークだと解説しました。

つまり、クライアントありきの仕事だということです。これは、クライアントの状況で「急に仕事がなくなることもあり得る」ということを、覚えておいてほしいと思います。

理由にはさまざまあると思います。

  • クライアントが必要な記事数に達した
  • クライアントの予算がなくなった
  • ライターが書く記事の質に不満
  • ライターが添削結果を反映しない

などなど、どちらにも可能性はあります。

私も「クライアントの目標記事数が到達した」ことで継続案件がストップしたことは何度か経験があります。

自分のせいではないですが、収入源がなくなる不安と、単純にクライアントとの関わりがなくなる寂しさなどがその度に訪れます。

このようなこともライターをやっているといつかは体験することになるので、まずは継続案件を目指していきましょう!

継続案件とは、受けた仕事を終えたあと、仕事の出来高によってすぐに次の仕事をもらえることを指します。

この時は最高に喜んでください。あなたにまた仕事をしてほしいということです。ライターとして最高にハッピーなことです!

Webライターをやって実際に「よかったこと」5選

Webライターは、つらいことばかりでもありません。

むしろ、いいこと・よかったこともたくさんあるので安心してください。

今回は5つを紹介していきます。

  1. 自信につながる
  2. 使えるお金が増える
  3. 好きな空間で仕事ができる
  4. ブログ運営に応用できる
  5. 時間のコントロールがうまくなる

①自信につながる

シンプルに、自分でお金をいただける感覚を味わうことで自信がつきます。

会社員の固定給やアルバイトなどの時間給には、味わえない感覚だと思います。

「自分の力だけでお金をいただく」この今までにない体験が、Webライターの魅力の一つでもあると考えています。

②使えるお金が増える

当たり前のことなんですが、お金という対価を得ることができます。

即金性の高い仕事のメリットでもあります。

自分の力で稼いだお金で、おいしいものを食べてもいいですし、仕事をさらに効率化させるパソコンや周辺機器を購入するのもいいでしょう。

個人的には、仕事環境を整える「自己投資」に使うのがおすすめです。

お金を自己投資することで、仕事の効率がアップし更なる収入を得ることにも繋がります。

私は一か月に一つずつご褒美を自己投資として、楽しみに頑張っていました。

文章の勉強をしたり…

おすすめのライティング本はこちらにまとめてあります⇩

≫【月10万稼げる3冊】Webライターにおすすめのライティング本『初心者は必須』

目や肩こりを軽減するためスタンドを買ったり…

カフェや外で作業したりするために最強のイヤホンを買ったり…

Apple(アップル)
¥29,036 (2021/04/12 18:51:01時点 | Amazon調べ)
高橋大佐

少しずつ買いたいものをグレードアップさせていくと、モチベーションも上がって勉強意識も高まるので、非常におすすめです!

③好きな空間で仕事ができる

Webライターって場所の自由がある点もメリットなんです。

パソコンひとつあれば、スタバや喫茶店で優雅に仕事ができちゃいます。人によっては集中できない人もいるとは思いますが、場所を変更して作業することで気分転換にもなって案外おすすめです。

家での集中力が切れてしまっても、場所を気軽に変更できるのでまたリフレッシュした気持ちでスタートできます。

④ブログ運営に応用できる

Webライターの人は個人ブログを持っているパターンが多いです。

個人ブログとは、無料のはてなブログや有料のワードプレスなどを指します。

主な用途は、「ポートフォリオ」としての利用が多く、Webライター活動をより円滑にするツールとして活用しています。

ポートフォリオとは、過去の執筆経験を掲載したり個人ブログの検索上位をアピールしたりするために使います。
※履歴書のようなものです。

もともとは、ポートフォリオとして利用していた個人ブログも、Webライター活動を通して学んだSEOの知識を活かすことができるようになります。

SEOとは「検索エンジン最適化」といい、Googleなどの検索エンジンで検索されたときの”順位”を上げることを意味します。

つまり、Webライターをすることによって個人ブログを運営できるようになっていきます。やり方と力の入れ方次第ですが、ブログからも収入を得ることも可能になってきます。

高橋大佐

稼いでいるライターさんは多くの人が自分のブログでも発信し、収入を得ています。

⑤時間のコントロールがうまくなる

Webライターをはじめてから、一日の幸福度と充実度が向上しました。

基本的に、ライターの時間を確保しようと思ったら、遊ぶ時間はなかなかありません。これは仕方のない事実です。

私の場合ですが、だらだらとテレビやYouTubeを観る時間であったり、スマホゲームする時間をほぼほぼカットしました。

「観ない・やらない」といった風に、意識して取り組むと案外大丈夫なものです。もちろん最初はしんどかったですよ。それでも生産性のない時間を過ごしてる自覚があったので、なんとか自分を言い聞かせて継続することができています。

ただ、無理をしてはいけません。

自分にあったやり方があるので、ほどよく試しながら自分に合った環境作りをしていくことが重要です。

高橋大佐

とはいえ、最初は「時間確保」のために一日の生活リズムは一度見直してみることをおすすめします!

Webライター初心者がこれだけは注意してほしいこと「3選」

Webライター初心者がやってしまう「注意してほしいこと3つ」を紹介していきます。

  1. 悪質なクライアント
  2. 無理と思ったら仕事を受ける前に辞退する
  3. プライベートも大切にする

①悪質なクライアント

主に、超低単価の案件を扱っている人のことです。

0.1~0,3円などの劣悪案件は絶対に応募しないようにしましょう。

以下の特徴も注意が必要です。

  • テストライティング無報酬
  • 文字単価0.5円未満の案件
  • 仕事内容が不明瞭・曖昧
  • 商品購入・外部サービスへの登録
  • 個人情報を聞いてくる

劣悪クライアントについてより細かく知りたい人は≫こちら

②無理と思ったら仕事を受ける前に辞退する

初心者によくあるミスとして、「案件を受注しすぎることや、大変な案件と分かっても受けてしまう」この2点を多く見かけます。

どちらにせよ、自分にはできないと思った時点でお断りの連絡をしましょう。

断っても大丈夫なんですか?

このような質問を受けることが多いのですが、結論大丈夫です。

むしろ、できないと思ってやり続けるのは本当に苦痛ですし、いいことがありません。

断るタイミングとしては、仕事内容を聞き、実際に受ける前が好ましいと思います。

断り方として、はっきりと”自分にはできそうにない”、”大変申し訳ございません”という内容をクライアントに伝えましょう。

念のためですが、一度仕事をお受けして始まってしまったものに関しては「気合で乗り切りましょう」

その場合、途中で断るのは礼儀的にもビジネス的にもよろしくありません。ただ、どうしても無理と判断した場合は相談してみるのも一つの手段だと思います。

高橋大佐

自分を一番大事に考えて大丈夫です。

③プライベートも大切にする

ずっと仕事しているのは、身体に悪いですよね。必ず息抜きは必要です。

毎日やることは素晴らしいですが、できれば休日(完全に何もしない日)などを作ってほしいと思います。

休むことでリフレッシュし、また仕事にもエンジンがかかります。

うまくバランスをとり、無理のない環境を作ることもWebライターとして活動するために必要なスキルだと考えています。

高橋大佐

理想は5日に一回くらいはオフ日を設定するとちょうどいい感覚です!

結論:つらいのは当たり前!それでもやりがいと得ることが盛りだくさん!

Webライターとして「つらいこと・よかったこと」を紹介してきました。

今回、押さえてほしいことは「つらいことは当たり前!」

これですね。

結論:つらいけど、Webライターはやりがいと得ることが本当に多いビジネスです。

「つらいならやめておこうかな・・・」このように思っている人は多いと思います。

私もそのうちの1人でしたが、あの時行動して良かったと、今では本当に感じております。

大変なのは間違いありませんが、変わりたい人、世界を広げていきたい人はぜひ挑戦することをおすすめします。

高橋大佐

Webライターに興味がでてきた人のために、おすすめの記事を置いておきますね!

≫【ガチ未経験でも可能】イメージの湧くWebライターの始め方『3ステップ』

今回は以上で終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる